2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏肉の和風ソテー

毒吐きと記録は分けておきたいものだ。

鳥のもも肉を醤油、みりん、酒、砂糖で作ったタレに浸けた後に焼いたものらしい。
モスバーガーの照り焼きチキンそのものな味がする。
価格もモスのそれと比べて安価であるため、もはやモスバーガーに用は無くなった。
脳スカスカ牛の肉など食べたくないのだ。

とりあえず、この手のタレはレシピより遥かに少ない量を作るべきであることは理解した。
もったいない、もったいない。 それはそうと、この料理を食べたとき、
以前、祖母が作ってくれた、鳥のモツらしきもの…としか表現できぬものを
似たような処置で調理したものを思い出した。

あの、鶉の卵くらいの大きさの黄身の塊が食べたい気分だ。
近々、スーパーマーケットではなく、肉屋を覘いてみようと思う。

しかし、本当に鳥の臓物であるとして、私に処置できるのだろうか…。
不安である。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fuyukidiary.blog48.fc2.com/tb.php/29-ea9c47f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

冬木乱雪

Author:冬木乱雪
学生

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。