2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故第二次補正予算を提出しないか総理に聞いてみたい

タイトルのような内容が、新聞の社説に載っていた。

そこらのブロガーが書いているような程度の内容を理解していないのか、
それとも、愚民は気付くまいと思い込むほどに情報収集能力の無い報道機関なのか。

まあ、折角なので、一介のブロガーにも劣る日曜ブロガーのような私が、
嫌がらせに一つ解説をしてみようと思う。

日本国は法治国家である。
要するに、国を挙げて何かしようと思ったら、
先ずは『国はその行動をしてもいいよ法』を作らねばならない。

今回世界で起こっている経済危機は、世界規模の事故である。
交通事故なら、居合わせた者が直ぐにでも救急車を呼ぶなり応急処置をするなりできるが、
国は思い付きで動くには図体がでか過ぎる。

先ずは、『その事故の処理に協力してもいい法』の案を作り国会に提出、
衆議院、参議院での審議を受け、問題なしとなって初めて法律が作られる。
そして、その法律に基づいて、予算を用意して実行組織を結成するわけだ。
実際に機能するのはこの後である。

交通事故なら間に合うわけが無い遅さであるが、
国家は百年単位の世界で動くらしいから概ね問題は無いようだ。

何故、第二次補正予算が提出されないか。
それは、『国は第二次補正予算に書かれた事を実行してもいい法』が出来ていないから。
今、そんな予算案を出しても、法律違反で蹴られるだけだ。

ならば、上記法案を通せば良いわけだが、何故しないのか。
民主党に聞けよ。
マスコミ相手に、小沢は『提出すれば賛成する』などと抜かしているが、明らかな大嘘だ。
法律違反の予算案を通す政治家など、与党にだって居るものか。


世界規模の危機に迅速に対処せんと行動を起こした有能な宰相を、
己の権益にしがみつく無能な対抗勢力が職権濫用の限りを尽くして妨害する!
情報機関は偽りと偏向情報を流布して国家の分裂を図り、地方豪族も乱の尻馬に乗る。
混迷する情勢の背後に見え隠れする、世界征服を目指す悪の軍事帝国。
宰相に与するのは、真に国を憂う僅かな側近と無力な民草のみ…。
皇国の未来に光はあるのか!

ヒロイックファンタジーの煽り文句風に、現在の政治情勢を纏めてみた。
物語ならばこれからが佳境である。
動乱と波乱が起こり、敵も味方も大勢死ぬのだろう。

天国の門と地獄の門。
分かれ道に立つ国民に、与えられるのは一回限りの投票権。
どこかで聞いたような謎々だが、果たして、今の愚かしい国民共の何割が正解を得ることやら。

馬鹿が億人死んだところで、痛むような優しい心の持ち合わせは無いが、
この件に関しては巻き添えを食わざるを得ないからたまらない。
難儀な話だ。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fuyukidiary.blog48.fc2.com/tb.php/295-9bf677d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

冬木乱雪

Author:冬木乱雪
学生

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。